アイグランについて

page-about1-img

保育理念と保育方針

私たちは子ども達に「自分の夢を自分の力で実現できる人」になって欲しいと願っています 。
そして、そのためには次のことが必要だと考えています。

  • いろいろなことに興味を持ち、自分の力で考えてやってみる気持ちをもつこと。
  • 想いやりの気持ちを持って楽しく仲間と関わることができること 。
  • 安心できる「心の基地」があること。

自主性を育てます

子どもたちの年齢や発達に応じて、
ワクワク、ドキドキするような体験に自ら挑むことで 、
自主性、考える力を育てていきます。

個性を大切にします

一人ひとり輝いている子どもたち。
いつもOnly Oneを尊重し、
「自分らしさ」を発揮できるように援助します。

思いやりの気持ちが育つ

子どもたちにとっても、保護者にとっても一人ひとりの気持ちを受け止め、「心の基地」になれるよう、想いやりを持って接します。

自然とふれあい

花・木・虫・動物・水等自然やものに対する興味を育て、
環境を大切にする気持ちを育みます。

page-about2-img

事業への想い

グランとは母なる大地

皆が集い、支え合い、話し合いながら、共に成長する場所となることを社命に、そんな想いから、社名は「アイグラン」といたしました。弊社は「幸せ造りのお手伝い」を企業理念とし、少子化がより深刻化している現在、子どもを育てやすい環境を整備していくことで、未来を担う子ども達やそのご家族はもちろんのこと、保育園を運営する中で出会うすべての方が『自分らしく輝いて生きる』お手伝いをすることが弊社の使命であると考えており、お子さまの心身の健やかな成長を支えるため、保育に取り組んでいます。

正確性と相手の立場に立って思いやる心

相手とは子供、保護者、働く保育士など多岐にわたります。子供達においては、養護と教育の観点から子供達にとって学ぶ場であることはもちろんのこと命を守る施設として午睡チェックや食育に力を入れています。そのうえで、子供達一日が楽しいものとなり「明日もまたきたい」と思われる保育園を目指しています。大切な子どもさんを預けていただける保護者の方々においては、親の代わりにはなれませんが一生懸命働くお父さんお母さんの一番の応援団になりたいと考えております。最後に働く保育士においては、自分たちがやりたかった保育であったりこんな保育園に務めたかったという夢を実現できるような働きやすい環境をつくることに力を入れています。安心安全を提供する為に必要最低限のルールを必要ですが、地域性を重視しみなさまの想いを形にするそんな企業でありたいと考えます。

page-about3-img

認可保育園

page-about3-02

アイグランが実践する認可保育園とは

少子化の進行や就業する女性の増加、核家族化の進行などにより保育需要が増加し、待機児童が多く発生しています。待機児童の解消、子育て家庭への支援が喫緊の課題。さらに、近年、全国的に、行政の財政状況が厳しい事実。「働きたくても預ける保育園がないため働くことができない保護者」に少しでもお役立ちすることに全力で取り組んでいきたいと考えております。また、民間活力を活用した保育園として、行政と十分に連携し、民間会社として行政の補完的な機能・役割が求められる運営の中で、延長保育、一時保育、病児病後児保育、休日保育等、民間ならではの存在意義のあるサービスを提供していく所存です。

page-about4-img

事業所内保育園について

page-about4-02

事業所内保育ではまず、
クライアントの皆様の想いを大切にします。

私たちの仕事とは想いの連鎖だと感じることがよくあります。なぜ、保育園を自ら多額のコストをかけて開設しようとされているのか。まずクライアントの皆様の想いを理解することからスタートします。医師確保に苦労されている中山間地域の病院で「女医さんが来てくれそうなんだけど、子どもを預かってくれるのであれば・・・との条件で」。そこで2カ月で職員住宅を改築し、保育園を開園したこともあります。毎年40名の学生を採用、しっかり研修して地域医療の担い手に育てる看護部長は「母親の仕事が、子ども達の誇りになるような」「看護師が育児と、キャリア形成で心を痛めなくてすむような」、「心の基地」となる保育園をつくって、みんなが生き生きと働くのが夢。保育士は、いつもお母さんの頑張りを、お子様に語りかけながら寄り添っています。ある食品メーカーの社長は嬉しそうに語ってくれます。「社員は家族、家族の子どもだから、もちろん身内。だから大切にしたいのよ」おやつも、給食もすべて手作り。もちろん地産地消の食材と天然だしにこだわり、食育をしっかり行う自慢の保育園が完成しました。 志が伝わり、それが価値に変わる。私たちは常に志事を仕事にできる喜びを感じています。

page-about5-img

アイグランのお約束

page-about5-02

アイグランのお約束とは

私たちは約束します。私たちは、未来の会社を担う子ども達の将来を見据え、子ども達の今を大切に保育を行っています。子ども達に、しっかり目をかけて手をかけ過ぎないようにしています。その為に、子ども達が何に興味があり、何に挑戦しているのかしっかり見守っています。声かけは、わが子に語りかけるようにやさしく、笑いながら、子どもと目を合わせて声かけをしています。子ども達の成長を見守る中では、心配でたまらないこともありますが、すぐに手をかすのではなく見守り、子ども達が自分らしく育っていこうとする環境を整え、一人ひとりに合った援助を行っています。時には、叱ることもあります。しかし、そこには、深い愛情と想いがあり、子ども達が、気づいたり、理解できるように責任を持って行っています。我々は、お母さんの代わりにはなれませんが、たくさんの愛を注いでいます。大切な時間を一緒に過ごせている出会いに感謝して。自主性や個性を重んじながらも、相手を思いやる心を育てていく、土壌のような存在になりたいと考え、社名をアイグラン(母なる大地)と名付けたのもそんな理由からです。私たちは、「あってよかった」と言っていただけるような存在になるよう、全力を尽くしています。

page-about6-img

アイグランの目指す保育士

page-about6-02

アイグランが目指す保育士とは

私たちの仕事は、たくさんの人との関わりで成り立っています。子ども達だけではなく、様々な悩みや苦しみを抱えるお母さん、日々の仕事でストレスの溜まったお父さん、子ども達を我が子のように思うおじいちゃん、おばあちゃん、看護師の採用で困られている看護部長、職員の福利厚生の充実に苦悩されている総務担当の皆さん。人は多くの「喜び」や「楽しみ」、「苦しみ」や「悲しみ」を背負って今を一生懸命生きています。 感動を生むには、そんな途方もない愛情や思いやりが大切です。一生懸命取り組んでいる人からみると一見無駄に見える努力が、大きな感動を呼ぶのだと思います。今、保育士の皆さんが一生懸命頑張っている姿は、そんな大きな感動の前の、小さな感動をコツコツと創り上げているのです。保育士の仕事は、本当に大変なお仕事です。 でも、本当に素敵なお仕事なのです。「先生ありがとう!」こんな声がたくさん溢れる、それがアイグランの保育士の目標 でありたいと思います。そんなたくさんの人の「想い」を自らの「想い」に変えて頑張れる、そんな人って素敵だと思いませんか?たくさんの人と一緒に、苦しみ、悩み、考えて・・・。その結果生まれるのが、何にも変えがたい感動なのだと思います。