会社沿革

1966年【『アイ貸テレビ』創業】

history_img_01

アイグランの創業は、1966年。創業者の重道昇は、現社長・重道泰造の父です。当時の社名は「アイ貸テレビ」で、病院に入院患者向けのテレビをレンタルする事業を行っていました。「レンタル」という言葉もまだ浸透していない1960年代に、貸しテレビというビジネスモデルは非常にユニークなもの。同業他社が少なかったこともあり、広島市内の病院を主な顧客とし、順調に成長しました。

1995年【スーツケースレンタル事業の展開】

テレビレンタル事業は好調だったものの、レンタルという切り口から何か事業を広げられないかと、現社長・重道泰造が1995年にスーツケースのレンタル事業を開始。翌1996年には社長に就任し、社名を「アイレンタル」に改めました。顧客第一の姿勢が評価され、スーツケースレンタル事業は全国に拡大。現在では、全国トップクラスのシェアを誇っています。

history_img_02

2001年【保育事業への参入】

history_img_03

保育事業参入の契機となったのは2001年。世界同時多発テロの影響で、スーツケースレンタル事業は大きな打撃を受けました。重道は社員の雇用を守るため、ベビーシッター業務から保育事業に本格参入。しかし、当時保育事業の実績も無い地方の企業にとって、その道のりは平坦なものではありませんでした。最初の事業所内保育園運営を受託したのは、保育事業に参入して4年目の2004年でした。さらに初めての認可保育園の開園は、4年後の2008年でした。

2011年【「アイグラン」の誕生】

理念として掲げる「正確性と相手の立場に立って思いやる心」を大切にした運営姿勢、「お母さんを応援する」きめ細やかなサービスの提供を評価していただき、年々保育園運営実績を伸ばしました。保育事業に参入して10年目の2011年には、「グランママ」のグラン、そして「グランプリ」のグランという想いを込め、「アイグラン」に社名を変更しました。

history_img_04

2012年 ~ 現在

history_img_05

「アイグラン」に社名変更してからさらなる成長を続け、2011年には、中国ニュービジネス協議会で最高賞の大賞を、2012年には、「第7回ニッポン新事業創出大賞」最優秀賞「経済産業大臣賞」さらに翌年には「日本サービス大賞」優秀賞を受賞しました。現在では約3,000人の保育職員とともに、広島県のみならず、全国38都府県で約300以上の保育施設を運営しています。